店長日記

チーコ工房

こんにちは!店長の堀田です。
当店から素材にこだわった安心で美味しいシフォンケーキをお届けします。
店長日記はこちら >>

携帯ページ

HOME»  店長日記

ブログ

店長日記  

NEW さらに‘しっとり‘

毎日、寒い日が続いていますが、皆さん寒さ対策は万全でしょうか?
最近はあったか素材のインナーも色々と増え、それをうまく利用するのも手ですようね。
さて、今年からチーコ工房のシフォンケーキの食感がよりしっとりとなり、さらに美味しくなったと大好評です。
また、安納焼き芋も焼きたてを冷凍せずにそのままお届けしますので水っぽくならず、常にねっとりとした美味しさで
こちらもおかげ様で大好評を頂いております。
本当にありがとうございます!
これからも自然なおいしさを追求していくよう常に努力してまいりますので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2012-12-18 14:25:35

コメント(0)   |  トラックバック (0)

安納芋の焼きいも

味覚の秋!食欲の秋!

今年も安納焼き芋の季節になりました!

種子島から産地直送しました。

大きさはコロコロ一口サイズです。

ちょっとしたおやつにピッタリ!

ねっとり甘~ィ安納焼き芋は11月中旬より送料無料、

税込み1kg1500円にて販売をさせて頂きます。

お楽しみに!

2011-10-24 13:35:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

「わかせば安心」はもう古い

こんにちは!チーコ工房の堀田です。

だんだんと春らしく気温が上がって来ましたね。暖かくなるのはいいのですが?花粉の季節です! 今年は例年になく多いようですが、皆様の花粉対策はいかがでしょうか?

「水はこうして飲めば心配ない」市民のシンプルセミナー著より

うさ子

[これから暖かくなるから水分補給が必要ね!ガス代がかかっても、水が半分になってもいいから、煮沸して、飲むことにしよ?]

うさ男

「ところが、そうしても無駄なんだな。トリハロメタンは沸点が低いので、煮沸すればなくなるが、塩素によって作られてしまう残りの6~8割の有機塩素化合物のうちは、不揮発生のものが多いんだな。(トリクロロ酢酸の沸点は198度)煮沸しても増えるだけだよ。そのうえ煮つめると濃くなるしな。」

うさ子

だめなの?・・・じゃーペットボトルのミネラルウォーターを買って飲もうかな!

うさ男

ん~・・・(無言)

 

2011-02-22 22:44:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

水道水

こんばんは!チーコ工房、店長の堀田です。

今週は雪も積もりました。寒かったですね!

今回のタイトルは水道水です。

水問題研究会より日本の水の現状と課題から抜粋しました。

水道水には、一定量以上(蛇口のところで0.1ppm以上)の塩素が残留していることが法律で義務づけられています。その目的が、コレラ、チフス、赤痢といった細菌による伝染病を防ぐことにあるのは知っての通りです。しかし、原水の汚れ以上に、あるいは安全第一の消毒をめざすあまり塩素注入量は増えつづけ、法律の定めた基準をはるかに超えた量が注入されるようになりました。


 この塩素注入による「カルキ臭」が、水道水はまずいという観念を多くの人々に植え付けたわけですが、浄水場にしても味は二の次で、塩素消毒さえすれば安心という姿勢で浄水処理にあたってきたのです。

 ところが、こうしたやり方がはなはだ危険なものであることがわかってきました。塩素は食塩からカセイソーダをつくるときに副産物として大量にできます。低コストで殺菌力も強く、その消毒効果は絶大です。けれども、殺菌や消毒に効くということは人体にとっても有害であることを意味しています。

 水道水中の塩素は食物に含まれるビタミン類を破壊します。肌を荒らしてシミやソバカス、小ジワなどの原因をつくったり、髪を痛めつけたりもします。そしてこの塩素がさらに恐ろしいのは、浄水場あるいは水道水中で発ガン性を有した多くの有害物質を生み出してしまうことです。つまり、安全な水をつくるために使われる塩素が、水中の汚濁物質と反応して発ガン性物質ができてしまうというのですからどうしようもありません。 その代表格が、悪名高い「トリハロメタン」です。
これからは塩素の量も増えますね

2011-02-13 14:44:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ミネラルウォーター

中身は人口の処理水にすぎない!

こんばんは! 店長の堀田です。

今回は水問題研究会から引用させていただきました。

ご興味のある方はhttp://www.mizukk.net/こちらまで!

市販のボトル入りの水を「ナチュラルウォーター」と呼ぼうが「ナチュラルミネラルウォーター」と名づけようが、その中身は、たとえ原水が天然の湧き水であっても、なんらかの処理をほどこした「人工の水」ということなのです。

まず、消毒のための加熱殺菌が問題です。加熱殺菌処理は、食品衛生法により85℃で30分以上となっていますが、水はいったん沸かすと、水中に溶け込んでいる酸素が逃げて「酸素欠乏水」となります。水の生命ともいうべき酸素が抜けた水では、水の持つ爽快な味が楽しめません。

水はいったん沸かすと、水中に溶け込んでいる酸素が失われ、死んだ水となる。

たとえば、湯ざましで金魚を飼っても長く生きないのはそのためだ。 

また、草花や植木にやっても枯れが早まるばかり。

メーカーが、いくらコマーシャルや容器のラベルなどで大自然の清澄な水のイメージを訴えようとも、実体は飲料という名の加工食品であり、もっといえば、湯ざましの水道水に無機物を投げ込んだだけのような「人工の処理水」なのです・・・

ミネラルウォーターもただの水にすぎないですね

 

 

 

2011-02-10 21:59:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

水をテーマに!

店長日記 ウサギ

こんにちは!店長の堀田です。寒い毎日ですが、日中は少しずつ暖かくなって来ましたね。これからは水をテーマに皆様にご紹介いて行きたいと思います。

今回は水道水をテーマにあげます。梅雨に時期になると水道の水は塩素の臭いがしますね!

気温が上がると雑菌が増えますから塩素の量が大量に増えます。

今は性能の良い浄水器等がありますので、臭い等は取れますが少し前までは、もっともオーソドックスで用いられる方法はやかんで沸騰させ塩素を飛せば少しは安心して飲めるようですが・・・

実は沸騰した時点で沸かす前の4倍もトリハロメタンが増えてしまいます。それとトリハロメタン以外の不揮発生の有機塩素化合物80%も残留します。

当然ながら沸かせば沸かすほど水の量は減る、しかも水中に溶け込んでいる酸素も同時に失われ、いわゆる気の抜けた湯ざましになってしまう。大変なことです!

毎日飲む水です。安心できるおいしい水を飲みたいものですね!

2011-02-06 22:09:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

はじめまして!

 

はじめまして!店長の堀田です。このたび、”伏見の名水”をたっぷり使ったシフォンケーキ販売をメインとした『チーコ工房』を開店することになりました。真心のこもったこだわりの手作りシフォンケーキはもちろん、蜜たっぷり甘~い安納芋の焼き芋も超おススメです。当工房では、お客様に安心・安全な商品をご提供することをモットーに努めてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2011-01-28 20:47:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ホームページOPENしました!

ホームページOPENしました!